門出

結婚披露宴の準備マニュアル

結婚披露宴を進める上で、大事となってくるのが準備です。
準備に関しても、ただやみくもに準備を行うのではなく、きちんとしたマニュアルがありますので、それを参考にして準備を行っていきましょう。
世界の結婚披露宴がこちらで紹介されていますので、外国のものを参考にしてみるのも良いでしょう。

まず、結婚準備の基本的な流れについてです。
両方の家に出向いて結婚を決定した後は、会場を探すところからはじめましょう。
最近はホテルや専門の式場のほか、レストランで行う形式も増えていますので、従来の形式にとらわれない、二人オリジナルの色を出してみるというのも魅力的です。
場所を決める方法はいくつかありますが、エリアから検索してみたり、実際に結婚式をした家族や友人、知人から情報を仕入れるということもおすすめです。
写真を見るだけでは会場の様子がわからないし、ちょっと不安という方は、実際にその場所を訪れてみてもいいと思います。

会場を下見した後は、婚約指輪を買ったり、会場を決定したり、またドレスの衣装合わせなどを行う必要があります。
まだ期間がある、と思っても実際はあっという間ですので、余裕を持った行動を心がけましょう。

結婚の1ヶ月前から3ヶ月前の間は、引き出物や演出の準備期間です。
あれもしたいこれもしたいという要望はありますが、時間に限りがあり、できることとできないことがありますので、そこの区別はきちんとするようにしましょう。
また、挙式・披露宴の後のスケジュールもきちんと決めておきましょう。

そして大事なのが、招待するゲストの方々です。
結婚式場のキャパシティにもよりますが、近しい人のみを誘うのか、それとも大規模に、知り合いを多く誘うパーティにするのかは、意見が割れるところです。
予算と相談し、適切な会場で、ある程度節度を守った楽しい披露宴にしましょう。

挙式・披露宴が終わった後、ハネムーンに行くという方も多いと思います。
当日バタバタしないように、あらかじめ決めておきましょう。

ゲストのリストアップの他、披露宴の演出で写真やビデオを流したいというときには、これも早めに手配が必要です。
また結婚式のスピーチや、受付係、司会進行など、あわてて役を押し付けないよう、速めに承諾を取り、同時に打ち合わせを始めていきましょう。